スパイラルテーピング療法

診察

スパイラルテーピング療法とは?
ふじの整骨院の治療の軸の1つになっている、スパイラルテーピング療法。発案者田中信孝先生が昭和60年にスパイラルテーピング治療を開始し、その後平成5年にスパイラルテーピング協会を発足して国内外に広がり、 現在までに医師をはじめ、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、トレーナ等 約1,000人の協会員がスパイラルテーピング治療を行っています。
ふじの整骨院院長藤野好正は、このスパイラルテーピングを22年扱い、スパイラルテーピング協会の理事として活躍中です。

特徴

スパイラルテーピング療法は、痛みの軽減・消失が目的で、筋肉の正常な筋緊張をもたらし、バランスを取ることができる療法です。様々な検査方法があり、ひとつの痛みをとる場合でも、何種類も方法があります。痛いところに貼ればいいという単純なものではなく、痛みがどこからきているのか検査を行うことが基本的な考えになります。理論に基づいた検査と治療法で行うスパイラルテーピング療法は、世界に認められつつあります。

治療法

スパイラルテープ

身体のアンバランスによっておこる関節、筋肉、神経の痛みに対して、らせん状・渦巻状・格子状など人それぞれにあった形でテーピングを行っていきます。これにより、皮膚の外受容性感覚器を通して知覚神経に働きかけ、全体のバランスを自然にとっていき、痛みを和らげて行きます。

スパイラルテープには、薬剤が塗ってあるわけではなく、ゆがみをとるためのサポート役なので、副作用や後遺症がなく 安全な治療法といえます。身体のアンバランスによっておこる関節、筋肉、神経の痛みに対して、らせん状・渦巻状・格子状など人それぞれにあった形でテーピングを行っていきます。これにより、皮膚の外受容性感覚器を通して知覚神経に働きかけ、全体のバランスを自然にとっていき、痛みを和らげて行きます。

スパイラルテープには、薬剤が塗ってあるわけではなく、ゆがみをとるためのサポート役なので、副作用や後遺症がなく安全な治療法といえます。

スタッフブログ
整骨院情報
〒340-0016
埼玉県草加市中央2-7-4
TEL.048-922-1971
写真
>>アクセスはこちら
診療時間表
症状別アドバイス
適応症状
モバイルサイト
QRコード
書籍のご紹介
スパイラル・テーピング 治療家用
スパイラル・テーピング
治療家用 ―入門編―
スパイラルテープってすごい!
スパイラルテープってすごい!痛みがとれる!
体がスーッと軽くなる!
腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる!
腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる!貼るだけ!スパイラルテープ
▲TOPへ戻る