お尻⇒太ももの後ろ⇒ふくらはぎ⇒足趾にかけて痛みを感じ、色々な動作の時に激痛で苦しむことはありませんか?
この様な症状を呈する状態を一般的に坐骨神経痛と云われています。

こんなお悩みは坐骨神経痛かも?

股関節痛に悩む高齢者の男性☑ 歩いていると太ももやふくらはぎや足に激痛が出て歩けなくなる、足を引きずる。
☑ お尻から足先にかけて常に痛みがある。
☑ 痛くない方と痛い方の温度感覚が違う。
☑ 脚の裏の皮膚感覚が異常を感じる。
☑ 寝返りが打てない。
☑ 前かがみがツライ。
☑ 椅子に座ると痛くてじっとしていられない。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経を起こす原因は、まず脊椎に何らかの原因疾患がある為に起きる神経痛があります。

椎間板ヘルニア
①椎間板ヘルニア

椎体に挟まれている椎間板と呼ばれる部分が、椎体からはみ出すことで、靭帯や神経を圧迫し、痛みとなってあらわれます。

馬尾神経腫瘍
②馬尾神経腫瘍

馬尾神経(脊髄円錐より下方に走る脊髄神経の集まり)内にできた腫瘍が神経を圧迫することで痛みの原因となります。

脊柱管狭窄症
③脊柱管狭窄症

とげ状の骨や黄色靭帯の肥厚が脊柱管と呼ばれる箇所に出っ張ることで、脊柱管が狭まってしまい神経を圧迫します。これが痛みの原因となります。

脊椎分離・すべり症
④脊椎分離・すべり症

脊椎の上下の関節突起のあいだで骨が分離するのが分離症、そのため上の椎骨が下の椎骨に対して前方(腹側)にすべり出すのがすべり症です。

変形性脊椎症
⑤変形性脊椎症

彼ににともなって椎体の辺縁部にできるとげ状の骨(骨棘)によって神経が圧迫される。

それ以外に頸椎に異常が有る・胸椎に異常が有る場合も稀にでは有るが、坐骨神経痛として出現することもあります。

坐骨神経痛の症状と特徴

坐骨神経痛は特に中年層以降の年代に多く見られる症状です。
腰(背面)からお尻周りをかけて足先にまでしびれや痛みがあらわれるのが特徴で、悪化すると歩行障害に繋がることもあります。
症状があらわれる箇所は人によって異なり、前述の一箇所だけの方もいれば、複数箇所に渡り症状を訴える方もいらっしゃいます。
また、特定の動作や条件下で症状が強くあらわれる等の場合もあります。

症状例
・椅子に座るとしびれを感じる
・足の裏がジーンとしびれる
・腰の痛みと足先の痛みが繋がっている感じがする
・冷えると痛みやしびれが強くなる
・痛くて屈む動作が辛い

ご自宅で出来る坐骨神経痛解消法

自宅で簡単に出来る坐骨神経痛の解消法として、太ももの後ろをストレッチする方法があります。

まず仰向けで寝て下さい。痛い方の脚を膝を伸ばした状態で上に挙げます。そうすることによって後ろの筋肉がストレッチされます。
この運動を行うことで、筋肉の中に神経が通っている処の筋肉の緊張を緩めることによって神経の圧迫を少なくします。

草加のふじの整骨院ならではの坐骨神経痛治療

薬を処方して頂いてますか?ブロック注射をして頂きましたか?湿布・マッサージをして頂きましたか?電気治療を受けましたか?

これらの治療法を受けても一向に改善しない貴方はぜひ、これからの説明を読んでください。草加のふじの整骨院での坐骨神経痛の治療としましては、先ずスパイラルテーピング療法を用います。

スパイラルテーピングの説明はこちら

この療法によって脊椎の調整を行い、脊椎に負担になっている原因にテープを施します。
次に必要な場合にはストレッチを行い、緊張した筋肉を緩めます。そして、VFアジャスターという機械の刺激を行い上部頸椎からの神経に刺激を与え、活性化させます。

スタッフブログ
整骨院情報
〒340-0016
埼玉県草加市中央2-7-4
TEL.048-922-1971
写真
>>アクセスはこちら
診療時間表
症状別アドバイス
適応症状
モバイルサイト
QRコード
書籍のご紹介
スパイラル・テーピング 治療家用
スパイラル・テーピング
治療家用 ―入門編―
スパイラルテープってすごい!
スパイラルテープってすごい!痛みがとれる!
体がスーッと軽くなる!
腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる!
腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる!貼るだけ!スパイラルテープ
▲TOPへ戻る